2013年10月08日

【室内の湿度ってどれくらいがいいの?(パート2)】

皆さん、こんばんは♪

子ども大好きパパKenjiが、皆さんの『素朴な疑問』に答える時間がやってまいりました!

と、その前にブログランキングに挑戦中なので、下記バナーを“2つとも”クリックお願いします。


人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

あと、左サイドバーにあるアンケートにも回答ヨロシクお願いします。

さて、今回の『素朴な疑問』はコチラっ!

【室内の湿度ってどれくらいがいいの?(パート2)】

前回の【室内の湿度ってどれくらいがいいの?(パート1)】では『カビ』という視点から『湿度』を考えてみました。

今回は前回の予告通り、風邪やインフルエンザの『ウイルス』という視点から『湿度』を考えてみたいと思います。

ということで・・・

はい!それではこの『素朴な質問』について調べたことを書いてみましょう。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

ウイルスは湿度の高い状況では、すぐに地面(床)に落下してしまいます。

しかし、湿度が40パーセント以下になるとウイルスの水分が蒸発して軽くなるため、落下速度はゆるやかになり、約30分間、空気中を漂うことになるのです。

このことから、湿度が40パーセント以下になると感染率が上がるということが言えますね。

さらに、空気が乾燥すると人間の体にも異変が起こるのです!

空気が乾燥すると、のどの粘膜の防御機能が低下して、インフルエンザにかかりやすくなってしまうんです。

なのでやはり、湿度は50%程度を保ちたいですね。

ウイルス.jpg

ちなみに『ウイルス』という視点から『温度』を考えてみると、ウイルスというのは15℃〜18℃以下になると元気になるそうです。

なので、温度は20℃前後が良いと思われます。

暖房費の節約などで室温を18℃以下にしてしまうのは、インフルエンザ対策としては逆効果なんですね。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

ということで、今回と前回の記事から室内の最適な温度と湿度は・・・

温度20℃前後、湿度50%前後ということになりました〜♪

ちなみに湿度が70%以上になると『カビ』や『ダニ』が元気になるので、湿度が高すぎるのもよくないですよ。

それでは皆さん、次回の更新を楽しみに待っていてくださいね〜☆彡


posted by 子ども大好きパパKenji at 17:36| 建物の質問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。