2015年04月12日

【梅干の種の中身って、食べてもいいの?】

皆さん、こんばんは♪

子ども大好きパパKenjiが、皆さんの『素朴な疑問』に答える時間がやってまいりました!

と、その前にブログランキングに挑戦中なので、下記バナーを“2つとも”クリックお願いします。


人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

さて、今回の『素朴な疑問』はコチラっ!

【梅干の種の中身って、食べてもいいの?】

先日、家で梅干の種を噛み砕き、中の実?を食べていたら、遊びに来ていた親戚のおばさんが「梅干の種の中の実は食べちゃダメなんだよ!」と言っていました。

なんでも『毒』があるそうで・・・

それって本当???

ということで・・・

はい!それではこの『素朴な疑問』について調べたことを書いてみましょう。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

梅干の種の中身、あれは『仁』という実で別名『天神様』とも言われているそうです。

なぜ『天神様』と言われているかというと、菅原道真が好んでいたからだそうで、その『天神様』がいらっしゃる梅の種を粗末に扱えないということで、江戸時代には太宰府天満宮に 「梅干の種納め所」 が設けられたそうです。

その『天神様(仁)』ですが、「アミグダリン」という青酸配糖体が含まれているそうで、この「アミグダリン」は胃腸などで酵素によって分解されシアン化合物「青酸」となります。

「青酸」といえば昔《青酸コーラ無差別殺人事件》がありましたが、「青酸」というのは猛毒なので、『天神様(仁)』も猛毒ということになります。

しかしこれは、青梅の場合に限るそうです。

「青酸」は最初は果肉の中にあって、実を害虫から守り、実が完成したら今度は種に移って種を守ります。

でも、完熟した実では濃度が下がり中毒が起こることはほとんどなく、梅干にすると毒は消えてしまうそうです。

それなら食べても安心ですね。

ただし、オススメできるのは三年以上塩漬けしている梅干だけですけどね。

梅干.jpg

さて、気になる『天神様(仁)』の栄養・効果ですが、鎮痛作用、消炎作用、殺菌作用、整腸作用があるということで注目されているようです。

その他にも、百日ぜきに効くとか、目のかすみにも良いとか、下痢、便秘、かぜ、食中毒、胃炎、打ち身、リウマチ、糖尿病、アレルギー、白内障、疲労回復などに効果があると言われています。

さらに、ビタミンB17が豊富なことからガン予防にも優れた力を発揮するそうです。

生産者こだわりの梅干と『天神様(仁)』を食べて、心も体も健康で長生きしましょうね。





★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

あっ!この記事に書いてある栄養や効果・効能などについては僕が調べたことではありますが、僕は医者や栄養士などの専門家ではないので、お試しする前にご自分で調べたり。専門家に相談したりしてくださいね。

それでは皆さん、次回の更新を楽しみに待っていてくださいね〜☆彡


posted by 子ども大好きパパKenji at 00:26| 食べ物の質問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月25日

【豆腐って豆が腐ってるの?】

皆さん、こんばんは♪

子ども大好きパパKenjiが、皆さんの『素朴な疑問』に答える時間がやってまいりました!

と、その前にブログランキングに挑戦中なので、下記バナーを“2つとも”クリックお願いします。


人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

あと、左サイドバーにあるアンケートにも回答ヨロシクお願いします。

さて、今回の『素朴な疑問』はコチラっ!

【豆腐って豆が腐ってるの?】

腐った豆は納豆じゃん!

型に納めてある豆は豆腐じゃん!

なんて思っていましたが、皆さんはどう思いますか?

はい!それではこの『素朴な質問』について調べたことを書いてみましょう。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

まず、一つの説としては僕が思っていた『入れ替わり説』があるようです。

納豆こそが腐った豆であり、豆腐こそが納める豆。

何かの拍子で入れ替わり、間違って使ったのが伝わってしまったと・・・

納豆腐.jpg

もう一つの説は『中国伝来説』ですね。

豆腐の創始者は漢の高祖の外孫准南王劉安といわれていますが、中国では『腐』というのは「腐る」という意味ではなく、「あつめる」「カード」「凝固させる」というような意味があるそうです。

ちなみに「バター」や「ヨーグルト」など乳を発行させたものを『乳腐』というそうです。

日本には平安時代に渡ってきたとされ、当時は『唐符』と書いて「とうふ」と読んでいたみたいですね。

納豆は納める豆ではなく、昔、寺の僧が納所で作ったことに由来しているそうで、中国から伝来した当初は「クキ」と呼んでいたとか。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

どうですかね?

調べているうちに『中国伝来説』が有力かな?と思い始めてきました。

次に誰かと豆腐や納豆を食べる時、こんなことを話題にしたらいかがでしょうか?

それでは皆さん次回の更新を楽しみに待っていてくださいね〜☆彡

※お掃除や洗濯のコツ、その他、住まいの豆知識は『住まいの知恵袋』をどうぞ♪
posted by 子ども大好きパパKenji at 21:23| 食べ物の質問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月22日

【「ハッシュドビーフ」と「ハヤシライス」って違うものなの?】

皆さん、こんばんは♪

子ども大好きパパKenjiが、皆さんの『素朴な疑問』に答える時間がやってまいりました!

と、その前にブログランキングに挑戦中なので、下記バナーを“2つとも”クリックお願いします。


人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

あと、左サイドバーにあるアンケートにも回答ヨロシクお願いします。

さて、今回の『素朴な疑問』はコチラっ!

【「ハッシュドビーフ」と「ハヤシライス」って違うものなの?】

皆さんは、どう思いますか?

僕は「林さんっていう人が考案したらしいよ」という説は聞いたことがありましたが・・・

はい!それではこの『素朴な質問』について調べたことを書いてみましょう。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

1.まず一つ目は、僕が聞いたことがあった『林さん考案説』です。

『林さん』という人は、有名レストラン『上野精養軒』のコックさんだったそうで、その『林さん』が考案したから「林ライス」→「ハヤシライス」になったという説。

2.二つ目は、「ハッシュドビーフ」をライスにのせたものが「ハヤシライス」という説。

なんでも「ハッシュドビーフ」をのせたご飯「ハッシュドビーフ・ウィズ・ライス」が縮まって「ハヤシライス」になったそう。

ハヤシライス.jpg

3.三つ目は、漢字が違う『早矢仕有的さん』が考案したから「早矢仕ライス」→「ハヤシライス」になったという説。

この方は『丸屋商社(現在の書店『丸善』)の創業者』で、この方は早くから洋食に触れる機会が多く、ある時出会った「ハッシュドビーフ」をライスにのせるという閃きによって「ハヤシライス」を誕生させたそうです。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

この3つの説の他にもまだあるかもしれませんが、「ハッシュドビーフ」をライスにのせたものが「ハヤシライス」というのは有力ですね。

ということで、今回の『素朴な疑問』の答えは、『ルーだけなら同じで、ご飯にのせたら違う』でした〜。

それでは皆さん次回の更新を楽しみに待っていてくださいね〜☆彡

※お掃除や洗濯のコツ、その他、住まいの豆知識は『住まいの知恵袋』を読んでくださいね♪
posted by 子ども大好きパパKenji at 00:27| 食べ物の質問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。